脂肪溶解注射の効果は?おすすめクリニックはココ!

『脂肪溶解注射』ってどう?安全?費用は? *様々な角度から脂肪溶解注射について調査しました!

痩せたいのに、なかなか痩せられない!

 

頑固な脂肪が落ちない・・・、健康が心配・・・、手軽に痩せたい・・・。

 

身体にたまった脂肪を落とすために、食事制限や運動をしても、体重だけで脂肪が落ちないという方も少なくありません。

 

そんな脂肪の燃焼をスムーズかつ、簡単に行える方法として「脂肪溶解注射」が話題になっています。

 

興味があるけど…という方も多いのではないでしょうか。まず、脂肪溶解注射とは、脂肪が気になる部分に注射し、脂肪を溶かす施術方法になっています。

 

溶けた脂肪は、尿などとして自然に排出され、体脂肪を減らす方法、また部分的な脂肪を減らす方法としても注目を集めています。

 

医療施術ですので、経験のある医師のもとで施術を受けるべきですし、不安要素もあるかと思います。

 

そこで、脂肪溶解注射を行っているクリニックについてリサーチしました。口コミなどを参考に、おすすめのクリニックをご紹介いたします。

 

☆脂肪溶解注射が受けられるクリニック

KMクリニック

おすすめポイント!

脂肪燃焼注射のご利用でお悩みなら、『KMクリニック』です。こちらのクリニックでは、リバウンドしにくい体質を目指せる施術を行っています。


ダブルの燃焼作用に、脂肪を溶かす成分による脂肪溶解注射が特長。「フォスファチジルコリン」という成分を配合。これは、大豆に含まれるアミノ酸の一種である「レシチン」のことで、何をしても落ちない脂肪を溶かす力があります。


なにより、大豆から抽出されている成分なので安全性の高さが評価のポイントです。


そして、溶けた頑固な脂肪、セルライトも溶かすことができ、尿や汗として体外に排出されます。新陳代謝を促進することもでき、中性脂肪の蓄積対策にもなります。


自分が気になる部分に注射することができるため、部分痩せ、たとえば、二の腕や太ももなどピンポイントの脂肪燃焼にもおすすめです。


また、KMクリニックでは、医師の丁寧なカウンセリングにも定評があり、施術の不安点などを相談できますし、施術自体に要する時間も短時間で、身体にかかる負担も少なめです。


料金 5,000円
ポイント 大豆由来のフォスファチジルコリンを使用、リバウンドしにくい体質を目指せる、丁寧なカウンセリングがある

公式サイトへ

表参道スキンクリニック

おすすめポイント!

肌の悩み、脂肪溶解注射に興味がある方に『表参道スキンクリニック』のご紹介です。たるみや、リンパの悪循環によってたるんだ顔に対して施せる脂肪溶解注射が新しい方法として注目されています。


小顔、顔の脂肪に使えるところがポイント。植物からの抽出成分を使用しており、その成分の力で脂肪を溶かし、さらに肌の引き締め&リンパの循環促進効果!


小顔を求めている女性にイチ押しです。メスを使わずに、小顔を目指せる施術となっており、効果については個人差があるのですが大体注射施術から3日ほどで効果実感につながります。


担当医とカウンセリングを行い、安心して施術を受けるまでに話をすすめることもできますし、そこで不安点や疑問点を確認いただけます。施術後のアフターケアにも対応しているので安心です。


料金 3,950円
ポイント 顔のたるみなどによるケアに使える脂肪溶解注射、植物由来の抽出成分を使用

公式サイトへ

湘南美容クリニック

おすすめポイント!

テレビCMやメディアでもおなじみの『湘南美容クリニック』でも、脂肪を溶かす、脂肪溶解注射の施術を行っています。


MITIマイティ」という成分により、細胞膜を溶解する脂肪溶解注射になっています。脂肪細胞自体を消失させる成分を多く含んでいるところが特徴的です。


一般的な薬剤より効果が出やすく、強力さが特長。一方で、身体にかかる負担も最小限におさえられています。


筋肉痛に似た痛みや熱感が1~2日ほどピークがあり、4日から1週間ほどでひきますので、安静にする期間が必要になります。


とはいえ、施術の翌日から日常生活は送れるます。リバウンドしづらい体づくりをしたい方におすすめです。


料金 15,800円
ポイント 「MITI」を採用、脂肪細胞自体を消失

公式サイトへ

脂肪溶解注射は安全?副作用やリスクはある?

ダイエットに励んでも、なかなかうまくいかないという方は男女ともに多いかと思います。

 

食事を改善して、適度に運動も取り入れていても、脂肪がうまく減らない。そんなとき、「脂肪溶解注射」のことを知り、興味を持たれる方が多いようです。

 

部分痩せにもなりますし、効果的な方法であり、ダイエット中の停滞期や、早く脂肪を落としたいときに向いています。

 

ただ、その反面、医療施術であることから、少なからず不安があるかと思います。脂肪溶解注射というのは、身体の脂肪が気になる部分に注射し、注入成分の働きによって脂肪を溶かし、尿や便などとして体外に排出する方法になっています。

 

たとえば、ダイエットしてもお腹まわりだけ、二の腕だけ痩せないといったときに適しています。全身というより、部分痩せに効果的です。

 

注射という点に抵抗を感じる方もいらっしゃるかと思いますが、現在では「塗るタイプ」もあるようです。その点については、取り扱いがあるか、クリニックにお問い合わせください。

 

脂肪溶解注射のメリットは高い効果ですが、定期的に施術を受ける必要があります。一般的に1度の効果ではいまいちであるため、2~3週間ほどおいて、平均的に6回ほどの施術を行います。

 

何度か通院する手間はありますが、効果的に部分痩せができることが最大のメリットです。また、脂肪細胞自体に働きかけるため、リバウンドしにくい体づくりになる点も評価されています。

 

ただし、何度も施術を受けるため、費用もかさみます。費用については、施術内容や成分、クリニックによって異なります。事前に確認し、カウンセリング時に相談しましょう。その際に、副作用などについてもご確認ください。

 

脂肪溶解注射の中に含まれる成分についてもまちまちですが、主に「レシチン」や「L-カルニチン」が使われている傾向があります。

 

レシチンには脂肪を溶かしますが脂肪細胞に取り込まれてしまうので、L-カルニチンがそれを排出する仕組みで、脂肪を溶解し体外に排出しています。

 

一般的にクリニックでは事前に、問診・カウンセリングがありますので、疑問点についてはそこで相談いただけます。興味がある方は、まず予約してみてはいかがでしょうか。

脂肪溶解注射と「脂肪分解マシン」の違いとは?どちらが効く?

身体についた頑固な脂肪。食事制限や運動、自己流ダイエットのみでは、どうしようもない脂肪も、効果的な施術によって脂肪を減らすことができます。

 

その代表的な方法が、「脂肪溶解注射」や「脂肪分解マシン」です。

 

では、どちらが脂肪を燃焼させるには効果的なのでしょうか?

 

それぞれメリット・デメリットがあり、違いがあります。

 

脂肪溶解注射の特徴
脂肪を減らすためにダイエットに励んでも、部分的に脂肪が落ちないところもあります。そこでメリットがあるのが脂肪溶解注射です。部分的に注射し、そこの脂肪を溶かして、尿などとして体外に排出する仕組みになっています。

 

脂肪を減らす効果は高く、脂肪細胞自体に働くため、リバウンドしにくいところもメリットです。メスを使う手術でない点も医療施術としてはメリットといえます。基本的に施術は通院で可能で、副作用がほとんどない施術もあります。

 

部分痩せを希望される方に適しています。デメリットをあげるとすると、何度か通院する手間や費用面でしょう。また、施術後はある程度の痛みがあります。個人差がありますが、施術後1週間ほどは痛みなどの症状が出ます。

脂肪分解マシン
脂肪はまず分解しないと燃えません。マシンを使用して脂肪を分解してくれるのが脂肪分解マシンです。無理なダイエットの必要がなく、注射に比べて痛みも少ないです。

 

脂肪細胞自体にも働きかけるため、リバウンドしにくい体づくりにもなりますし、安全性があります。ただし、超音波を利用するため、耳鳴りや場合によっては体調不良のリスクはあります。また、施術も何度か繰り返し行わないと効果が出ません。

 

このように、それぞれメリット・デメリットがあります。どちらを選ぶかは、あなたの考え次第です。

 

効果的な脂肪溶解注射を受ける場合、こちらは医療施術ですので、実績のあるクリニックのご利用をおすすめします

 

脂肪溶解注射を利用するメリットとは?デメリットはない?

身体に溜まった脂肪に悩んでいませんか。

 

場合によっては健康に影響しますし、とくに見た目的に気になる女性は多いと思います。

 

食事制限や運動をしても、落ちない脂肪はあります。セルライトや頑固な脂肪はどうしても燃焼されにくいものです。

 

そんなときに、脂肪溶解注射です。では、脂肪溶解注射を受けるにあたって、どのようなメリットがあるのでしょうか。反対にデメリットは?

 

そこで、脂肪溶解注射のメリット・デメリットをまとめてみました。

 

メリット
施術が簡単で効果的
脂肪溶解注射は無理なダイエットを必要としない方法で簡単に、脂肪を燃焼できることがメリットです。実績のある医師の元で受けることで安全性もあり、注射を打つだけで施術できます。
部分痩せに適している
ダイエットした結果、二の腕や太ももだけ痩せないなど、部分的に気になるときにほど適しています。脂肪溶解注射は部分的に注射する方法で、効果的に脂肪を減らすことができます。
施術時間は短い
施術にかかる時間はおよそ15分ほどと、基本的には短時間で済みます。日帰りでの施術が可能ですので、お忙しい方でも利用しやすくなっています。
メスを使わない
注射を使い、メスで切開することはなく、比較的安全性がありますし、傷跡が残るリスクもありません。

 

デメリット
数回繰り返し施術を受ける必要がある
施術は注射を打つだけと簡単ですが、一度では効果に限度があるため、しっかりと効果を得るためには何度かの施術が必要になります。そのため、コストもかかります。費用については、クリニックによりますし、施術内容や回数にもよります。

 

リスクが少なく効果が高いことがメリットといえます。また、脂肪溶解注射の施術では、溶かした脂肪が尿や便として排出されていきます。なので、日々のマッサージと併用することで、より効果的です。

脂肪溶解注射はいくらかかる?費用・コストについて

身体にたまった脂肪で、とくに落ちにくい部分は脂肪溶解注射で効果的に落とすことができます。脂肪吸引などに比べてリスクが低く、効果が高いことがメリットといえます。

 

ただし、施術は数日おきに数回繰り返し行います。一度の施術費用が手頃でも、何度か繰り返すため、施術費用も高くなります。

 

脂肪溶解注射を受けたい方でも、この費用面が高そうで二の足を踏んでいる方も多いかと思います。そこで、費用について簡単にお話ししたいと思います。

 

脂肪溶解注射は基本的に美容外科・美容クリニックで受けられる施術です。保険適用外になるため、料金は全額負担になります。

 

1回の費用についても、使用する注射の内容で異なります。脂肪溶解注射と一言でいっても、使用している成分には違いがあり、その点でも料金に違いが出てきます。加えて、クリニックによって費用も異なります。

 

また、脂肪溶解注射は数回施術を受けるため、一度の費用でなく、総合的な費用を考えなくてはなりません。1回の費用でみると、大体3~5万円ほどです。これを数回繰り返すため、費用もかさみます。

 

費用については、利用されるクリニックでご相談ください。すぐに施術を受けるのでなく、事前に問診やカウンセリングがあります。その際に、費用についても相談しましょう。

 

1回の費用のほか、何度施術を受ける必要があるかと、総合的な費用面を確認しておくといいでしょう。事前に確認しておくことによって、その後のトラブル対策にもなります。

肝臓の脂肪蓄積状態「脂肪肝」もダイエットが必須!脂肪肝予防の方法とは

『脂肪肝』という病気をご存知でしょうか。現代病といっても過言ではありません!現代人の多くの方が、頭を抱えている病気のひとつです。

 

予備軍にあたる人も相当多いのではないでしょうか。脂肪肝とは、肝臓に脂肪が溜まる肝臓病の一種です。

 

現在、メタボリックシンドロームの方が増えていますが、メタボリックの方は脂肪肝を併発しているケースが多いそうです。

 

脂肪肝はとても身近で、肝臓病といってもアルコールをとらない人でもかかりやすい病気です。

 

予防を考えなくてはなりません。健康診断で数値がまだ問題なくても、今後を考えて対策をしましょう。

 

脂肪肝を対策するためには、一言でいうと、生活習慣の見直しです。栄養バランスのとれた食生活と適度な運動が大切です。

 

食生活では食べ過ぎに気を付けて、脂肪の摂りすぎにもご注意を。バランスの良い食事と、タンパク質を摂るようにしましょう。そして、適度な運動を取り入れます。タンパク質によって筋肉が増えやすくなり、これによって痩せやすい体が作れます

 

筋トレと有酸素運動を組み合わせて行うことで、より効果的に体の脂肪の蓄積を防ぎ、脂肪肝予防につながります。脂肪肝は誰でも発症リスクがありますから、体重が平均より多く、体脂肪が多い人は要注意です。

ダイエットに良い油!?「エゴマ油」のメリット

油ときくと、体脂肪の元になりそうで、怪訝されやすいかと思います。

 

しかし、生きていくために、適度に脂質は必要になります。生命活動に欠かせませんし、脂質を一切断ち切ると、便秘にもなり、逆に太りやすくなってしまいます

 

健康的で脂肪を燃焼していくために、必要な脂肪を摂るなら、「エゴマ油」が良いと言われています。メディアでもたまに取り上げられていますよね。

 

エゴマ油には、「オメガ3系脂肪酸」という、身体に良い脂肪がたっぷりと含まれています。この脂肪酸は、身体に悪い脂肪ではなく、逆に、身体に悪い脂肪などを減らすために有効な脂肪酸です。

 

適量の摂取により健康効果が期待できます。成人男性なら1日2.6グラム、女性は1日2.3グラム以上の摂取が理想的です。

 

エゴマ油でいうと、スプーン1杯分くらいが適量です。そのままドレッシングなどで活用すると、効果的に取り入れることができます。

 

一般的に食用油では、リノール酸などを含んでいるのですが、これを大量に摂取した場合、動脈硬化のリスクのほか、アレルギー症状やうつ病のリスクも高めるそうです。

 

リノール酸も必要になりますが、オメガ3系脂肪酸のαリノレン酸とバランスよく摂る方法が理想的です。

 

オメガ3系脂肪酸は、青魚にも多く含まれていますが、魚離れの傾向にある国内では、現代人は不足しがちです。ですから、エゴマ油を取り入れてみてはいかがでしょうか。